セクキャバの求人事情

セクキャバ店の求人はどこで探す?

ドモッ! おばんでやんす! セクキャバ店長サイトーですっ!
今日は、店長の交友関係……ぢゃなくて!!! セクシーでかわいいセクキャバ嬢を、どうやったら集められるか? 的な話を書いていこうと思います。

街にはいろんなフリーペーパーが並んでいますまずは、求人サイトやフリーペーパーなど、セクキャバの求人広告を扱っている媒体に、募集依頼を出します。ウチでは主に、某求人サイトの他、街のラックなどにささっているフリーペーパーに出しています!
ウチはセクキャバなんで、もちろんフツーのバイトが載っているフリーペーパーではなく、高収入バイトばかりが掲載されている求人情報誌ってやつですね。ソコントコ、ヨロシク(^○^)/
これを見て、月に10人~20人くらいの女のコが面接にやってきてくれます<(_ _*)> アリガトォゴザイマス

今の時代、人材を募集するのもネット!

今は、求人サイトを見て面接にくるコが一番多いでしょうね。
その次がフリーペーパーです。これでだいたい8〜9割くらいになりますね。

他にはたまーにですが、雑誌にも求人広告をのせたりしています。
そちらの方の求人は、あまり反応がよくないような気がします(;n;)ザンネン……。
どちらかというとお店やってますよ!っていう、宣伝広告的なイメージのものなので、そんなに反応は期待していないんですけどネッ。

あとは、やはり広告代理店の営業の人と懇意にしなければならないものでもあるので、頼まれて仕方なく載せてるという部分も少なからずあります……。
大人社会の面倒なおつきあいってやつですねーヽ(~~~ )ノヤレヤレダゼ

綾◯剛みたいなスカウトは少数!?

こういうのじゃないよそれとスカウトサイトでの求人もしています!
こちらの反応はまずまずといったところでしょうか∩(´∀`)∩ワァイ♪
スカウトサイトというと、スカウトマンを雇ってるイメージがあるかもしれませんネ。でも、実は、過去にスカウトマンを斡旋している会社と、お金のことでトラブルになったりしたことがあったもので、今は、リアルスカウトマンは雇っていません。
夜のお仕事というと、「新宿ス○ン」みたいに、怖いオニーサンたちがかわいいオネーサンを夜の職業や風俗に沈めるイメージがあるかもしれませんが、イマドキは、そんなコトは少数派。
また、お店自体も、ヤ○ザにミカジメ料を払っているところも非常に減ってきているので、本当にクリーンな仕事になったみたいです。
っていうのも、私がセクキャバ業界に入ったときには、すでにクリーンで、そういうダークなのが一般的だったのは、もう10年以上前の話のようですね。

いい人材を集めるには費用もかかる

お店の売り上げにつながるのでしかたない出費ですさて、求人広告だけで当店では月に3万円~10万円くらい出しています! 結構頑張ってるんですヨ。
セクキャバ業界では月7万円くらい求人広告費にかけるってのが平均的なところでしょうかねー。
4月は年度始めということで、多めにだしています! がんばるよっ!
なんと、その時は15万円くらいになります!!! なかなか大きな出費なので大変です。
風俗関係のお店はどこもそうらしいのですが、2月と8月になぜか売り上げが下がりるんですよー( ̄▽ ̄;)!!ガーン
(ニッパチというんですが、コレ、覚えておくと役に立ちますヨッ!)

その対策として、その前の月は求人広告を多く出して、いつもより多めに女のコを確保して指導します(。+・`ω・´)キリッ
その月も10万円以上は使ってるかなー。
こういう「セクキャバ嬢になりたいコ、ウェルカム!」な時期は、普段よりも採用基準が甘くなるので、1ランク上の店を目指してみたいという人は、時期を意識するといいですヨ。

せっかくセクキャバ嬢になったんだから……

1媒体の広告料は1点2~5万円といったところでしょうかねー。それにしても、タカーイ!!!!!
でも、大きな店舗だと、2ページ見開きの広告を出したり、記事広告を出したりするので、ウン十万と使っているようです。スゴイですねー。
これだけ高い費用を出して女のコを雇っているので、一度、お店に所属していただいた後は、できるだけ辞めないで長く続けて欲しいのが本音です。
長く続けられるよう、高い売り上げをあげられるよう、サポートはしてきますヨ。それはコチラの仕事ですから。
だから、面接に合格し、所属が決まったら、不安なことや疑問点などは、ちょくちょく聞いてきて欲しいですね。

こんな感じで求人広告をだしているんですが、繁忙時期や女のコの在籍数などによってはずいぶん変動してますねー。

セクキャバ業界は短い期間で辞めちゃうコもいっぱいいるんで、女のコの回転が早いんです。だから、ほぼほぼ毎月求人広告は必要になりますね。
でも、これまでには、たまたま長く働いてくれる女のコが多かった時期なんていうのもあり、0円なんて月も過去にはありました(‘-‘*)アリガターイ♪
実際、そんなことほぼない! レアケースなんですがね……。ザンネン!
これがセクキャバ業界の求人状況のリアルな裏話です。

なので、ここを念頭に、お店探しなどをすると良いでしょう!

2015/11/15